HOME > 卒業生・在校生の声 > 在校生からのメッセージ

在校生からのメッセージ

1日1日がとても充実しています!

第46回生 M.F.さん 群馬県立西邑楽高等学校卒業

私が看護師になりたいと思ったきっかけは、幼いころみた医療ドラマでした。その頃の私には、ドラマの世界で働く看護師の姿や、患者さんと関わっている姿が輝いて見え、看護師に憧れを抱きました。

自分の進路を考えたり、看護師の仕事内容などを調べていくにつれ、看護師になりたいという思いが強くなりました。私の身の回りに看護師を職業としている人はいませんでしたが、自分で考えた結果、患者さんの心の声を読み取り安心感を与えることができる看護師になりたいと思いました。

学院には、高校の先輩が通っているということもあり、オープンキャンパスに参加しました。その際、学校の雰囲気や先輩方の様子からとても良い環境で学ぶことができると感じました。

学院での生活はやるべきことがたくさんあるため、大変だと思うこともありますが、1日1日がとても充実しています。私たちのクラスは明るく元気で意見交換など活発で勉強や技術練習もお互いがアドバイスをし合い、支えあっています。一人ひとりの学生が本気で看護師になることを目標にしているため、それぞれの思いや意見がたくさんあり充実した日々を過ごしています。

人の命に携わる仕事を目指すための勉強量は膨大です。その分、達成感や充実感はとても大きいです。私たちと一緒に多くのことを学び、自分の理想とする看護師になりましょう!

同じ夢を持つ仲間たちと充実した日々を過ごしています

第46回生 A.M.さん 群馬県立館林女子高等学校卒業

私が中学2年生の時祖父が入院した際に、祖父に何もできない自分に気づき悔しいと思いました。その時祖父を担当してくれていた看護師は祖父に話しかけ、最初は無愛想だった祖父も次第に家にいた頃のような笑顔に戻っているのを見て感動し、自分も患者の心に寄り添える看護師になりたいと思いました。

私がこの学院を選んだ理由は、実際にオープンキャンパスに参加し先生方や先輩方が親身になって話を聞いてくれ、アットホームな雰囲気を感じとることができたことと、学費が安いことに魅力を感じたためです。

高校とは違い、1コマ90分授業です。外部の専門分野の先生の講義があるため深いところまで学べ、とても分かりやすいです。座学だけでなく看護技術の演習もあり、手洗い、ベットメイキングから始まり看護援助に必要なことをたくさん学べます。今はバイタルサイン測定のテストに向けてクラスメイトと練習をしています。 不安なことはたくさんありますが、同じ夢を持つ仲間がいるためみんなで支えあい、学び会うことで乗り越えることができ、ともに高め合うことで立派な看護師に近づいていると思います。ぜひ私たちと一緒に理想の看護師を目指しましょう。

努力次第で看護師への道は開かれると思います

第45回生 M.F.さん 栃木県立足利女子高等学校卒業

私は幼いころから習い事をいくつかやっていました。その中で様々な人と出会いかかわってきました。そのためか、漠然と将来は人とかかわる仕事がしたいと考えていました。母の知り合いに看護師の方がいてその方の話を聞いているうちに看護師に興味を持つようになりました。そこから病院で行われている看護体験に参加して、患者さんの気持ちを第一に考え、11人に合わせた看護を行っている看護師の姿に惹かれて看護師を目指そうと思いました。

この学院を選んだ理由は、オープンキャンパスに参加したときに先生や先輩が温かい雰囲気で迎えてくれ、質問にも丁寧に答えてくれたことです。また学費も安く、実習先の病院も家から通える距離であったからです。私のクラスは個性豊かであり、元気のあるクラスです。クラス内には、社会人だった方もいますが、みんなで同じ目標に向かって刺激し合うことができていると思います。

毎日の学院生活でやらなければならないことが多く、11日があっという間に終わってしまうと感じるほど私はこの学院で充実した毎日を送ることができています。時には、辛いこともあって逃げ出したくなってしまうこともありますが、一緒に学んでいる仲間や支えてくれている先生、看護師を目指そうと決意した日のことを思い出して私は乗り越えています。看護師になるための学ぶ環境は整っています。あとは、私たちの努力次第で看護師への道は開かれると思います。私たちと一緒にこの学院で看護師を目指しませんか?

トップへ戻る