HOME > 卒業生・在校生の声 > 卒業生からのメッセージ

卒業生からのメッセージ

同級生や先生方と3年間過ごした楽しい思い出が印象に残っています

卒業生Rさん

進路を決める中で幼少期に入院した経験や、当時からテレビのドキュメンタリーや医療ドラマの影響もあったと思いますが「命を守る仕事」に憧れを抱き、医療職の中でも看護師を志したキッカケは患者さんとの距離が一番近い存在が看護師であり、職場体験を通して人とかかわる仕事が自分に向いているのではないかと思い、公立館林高等看護学院に入学しました。
学生時代は座学に実習に学ぶことの多さに大変だった記憶もありますが、それ以上に同級生や先生方と3年間過ごした楽しい思い出が印象に残っています。主な実習先である公立館林厚生病院に就職する同級生も多く、学生時代から切磋琢磨し大切な同志となっています。今でも学院には学生に講義をしに行ったり、バレーボールをやりに行ったりと居心地の良い場所です。訪れるたびに学生時代を思い出し、ここで看護の学びをスタートでき良かったと充実した日々の中で感じています。
私は脳外科病棟に勤務しています。突然の発症や後遺症を抱え辛い思いをされている方にどのように接すべきか自問自答しながら向き合っています。中には意識障害や言語障害などで自分の思いを伝えることが難しい状況にある患者さんもいます。看護師として今何をすべきか常に考え、一人ひとりの患者さんに合ったケアを提供することが必要です。私が看護師として大切にしていることは、患者さんの気持ちや思いに寄り添い相手の立場になり考えられることです。何気ない言動の小さな変化にも気付ける看る力を日々磨いています。患者さんの症状が緩和されることで笑顔を見せてくれたり、ご家族から感謝の言葉などをいただいた時は何より嬉しいです。様々な患者さんとの出会いや経験から学ぶことが多く、成長し続けられることもこの仕事の魅力と思います。

 

興味があることで、様々な気付きができ、積極性と向上心で学べる機会につながり、自分を高められるチャンスになっています

卒業生Kさん

私は中学生の時から看護師になりたいと決めました。そのため、看護学校に入れた時は、自分も看護師になれるチャンスを掴めたことがとても嬉しかったです。看護学校では、楽しいことも沢山ありましたか実習等で大変なこと、泣いたこともありました。しかし今思うと、その時は辛く感じたことも良い経験であり、あっという間の3年間でした。
今、自分の憧れだった看護師という夢が叶って、毎日が楽しく幸せです。その反面、自分自身の無力さも感じ、もっと学生の時に学んでおくべきだったと思うことも多々あります。
看護師は一生勉強だと言いますが、医療は日々変化することと、また人を相手にする仕事のため、その人その人で関わり方も変わるため、同じ方法では務まりません。
私は、手術室で勤務をしています。私の病院では1つの科専属とかではなく、外科系全般の手術に入ります。そのため、各科のやり方や解剖を学ばなくてはなりません。初めは器械出しは楽しいという自分の感情で手術に望んでいることが多くありました。しかし、ただ器械を渡すだけではなく、解剖を知ることで術野がより分かり、またそこから次何をするかが分かることで器械が早く渡せ、結果早く手術が終われて患者様の負担軽減にも繋がっています。また、外回り業務も術前・術後の訪問という短時間で患者様と信頼関係を築けるか、コミュニケーション力と患者様の質問に分かりやすく答えられるよう手術に関わることに対する知識が大切となります。
幅広い勉強が必要となるため、自己学習をしつつ、より専門性を高めるために各科の医師にも教えていただきながら日々より良い手術室看護の為に頑張ってます。
私は何事にも積極的に、興味と向上心を持つことを自分の中で掲げています。
興味があることで、様々な気付きができ、積極性と向上心で学べる機会につながり、自分を高められるチャンスになっていると思っています。
どうせやるなら、楽しんだ者勝ちです。大変なことが多い職種ではありますが、自分の考え方次第で自分も周りも幸せに出来るとても良い仕事だと思います。
学生生活の中では大変と感じることが多くあると思いますが、乗り越えられたら自分が良い意味で変われているはずです。夢が叶うって本当に幸せですよ。一緒に頑張りましょうね。

トップへ戻る