カリキュラム

HOME > カリキュラム

教育理念

本校の教育理念は、人間の生命と人格を尊重し、社会人としての人間形成をめざすとともに、専門職業人として看護実践に必要な知識・技術・態度を身につけた看護実践者を養成することにある。また変化する社会に対応できるために、常に学ぶ姿勢を身につけ、看護の発展に貢献できる人材を育成する。

教育目的

「邑楽館林医療事務組合」が運営する地域に密着した公立の看護学校であり、看護師として必要な知識・技術を修得し、豊かな人間性と自己啓発能力を養い、地域社会に貢献できる人材を育成する。

教育目標

  1. 生命の尊厳と個々の人格が尊重できる豊かな人間性を養う。
  2. 人間を生物体(身体面・精神面・社会面)と生活体の統一体として捉え、人としての共通性と個別性をもっている存在として幅広く理解する能力を養う。
  3. 人々の健康と生活を、自然・社会・文化的環境とのダイナミックスな相互作用等の観点から理解する能力を養う。
  4. 人々の多様な価値観を認識し専門職業人としての共感的態度及び倫理に基づいた看護を実践できるとともに、最新知識、技術を自ら学び続ける基礎的能力を養う。
  5. あらゆる健康段階と障害の状態に応じた看護を実践できる基礎的能力を養う。
  6. 人々の健康上の課題に対応するため、科学的根拠に基づいた看護を実践できる基礎的能力を養う。
  7. 保健・医療・福祉制度と他職種の役割を理解し、チーム医療を実践するとともに、人々が社会資源を活用できるよう、それらを調整するための基礎的能力を養う。
基礎看護技術Ⅱ「環境」(45時間)
保健体育Ⅰ(30時間)

患者さんが安全・安楽に療養する環境を整えるための基本的技術を学びます。

1・2年次に健康の保持増進のための体力づくりとスポーツを通してチームワークを養っています。

在宅看護方法論(30時間)
生物学(30時間)

家庭の条件を考慮した方法で日常生活援助と医療処置に伴う援助についての知識を学びます。

自然の観察を通して植物について理解し、その成り立ちと人との関わりを学びます。

基礎看護技術Ⅲ(60時間)
基礎看護技術Ⅳ

診療の補助技術や与薬の基礎的な知識を学びます

患者さんの血圧や脈拍などの変化を観察、評価する技術を学びます

小児看護学方法論(60時間)
看護を語る会

子どもに医療処置に関する情報をわかりやすく伝える技術を学びます

実習で受け持った患者さんとの関わりを通して学んだことや心を動かされたことを発表します

防災訓練
領域別実習

地域や病院の災害訓練に参加しました。

2年生の後半から領域別実習が始まります。受け持った患者さんと触れ合い、看護問題の抽出、それに基づいた看護計画を立てて患者さんが安全安楽に過ごせるような援助を考えます。

トップへ戻る